スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

柿崎騒動と「蓑笠の人」の虚実

2.jpg                 
弥三郎が修行した善導寺
 
 水上勉は、度重なる飢饉の時代にあって、破れ庵に起居し経も読まず、乞食三昧の生涯をおくった〈大愚良寛)を考え、そして当時の越後の農民事情を探っているうち、『越佐草民宝鑑』を手に入れる。明治17年、田川完助という人物が水戸彰考館において天保時代の写本を発見し、複写したと誌されているだけで、原著者は不明ということである。
 水上はそこに良寛と同じ宝暦8年、柿崎村角取(つのどり)に生まれた「水呑弥三郎」を見出し、良寛の生涯を弥三郎のそれと交錯させながら『蓑笠の人』(さりゅうのひと)を書く。
 ――良寛と同じ年、すなわち宝暦8年に生れた一人の水呑百姓が、良寛の生地出雲崎と程遠からぬ柿崎の地の米騒動に連座して佐渡遠島となり、文化2年に48歳で帰国し、数年後、蓑笠を着たまま生地の墓地に佇み、立亡(りつもう)している。――人はその誕生の家柄においてかくも違うものかと、ふかい感慨にうたれた。じつはこの物語を書きすすめる気持にもなったのである。考えてみると、良寛もまた蓑笠の人といえる。
 「宝鑑」は、水呑弥三郎を生涯蓑笠の人なりき、宝暦8年柿崎村角取に生れ、長男にして弟妹二人あり。幼時にして無常心あり、長じて才智にすぐれしため、村肝入の許しを得て上町(かんまち)善導寺の海上人に漢字を学び――。と記している。彼は出家を試みるが許されず、半農半漁の生活を送るうち、25歳の天明3年、一揆の首謀者の一人として加わる。
3.jpg    
打壊しにあった酒蔵? 土蔵の酒蔵が見える角取 右手は両親の眠る寺か弥三郎も立亡
 
 著者も資料として読んでいる『柿崎町史』(昭和13年刊)には、この飢饉で起きた「柿崎米騒動」のことが詳しく書かれている。柿崎地方は白米1升、平年の76倍の200文となれ、下層の人たちの困窮は絶頂に達していた。柿崎は天領で出雲崎の代官の管轄下にあり、また米価の高騰は大地主と酒造業者が米を隠匿したからだと、11月2日夜、漁師重左衛門、善三郎等を首謀者に、下條・角取・高寺などの村人400余名が一斉に蜂起し、上小野の素封家を襲い、さらに角取の酒造家を脅して酒食を命じ酒樽を打ち割って引き上げた。しかし一揆は、出雲崎代官所によって裁かれて終わる。
 「町史」には弥三郎の名前は見えないが、「宝鑑」は、佐渡に流され金山で働いていた弥三郎が、20年を経て帰国してみると、すでに生家はおろか親弟妹、妻子の姿も無かったと伝え、その後の弥三郎の定住なき放浪は、乞食と作男だったろうと推察している。そして、
 ――文化8年のことなり、秋末の一日、人びとの冬囲いとて、茅を雁木にくくりつけて、雪よけの仕度など急がるる思いの夕暮れ、角取村の菩提寺裏にありし、永代墓地に詣でし60がらみの両目患いたる乞食あり。無縁塔の前に来たりて、百日紅の幹によりかかりたるまま動かずにいたり。男はこと切れてあり。――人相の変わり果てたる弥三郎と分かりし時、村人らこぞりて泣きあいぬ。せめて父母が眠りし墓地を見んものと来るならん、と云いあえり。立ちたるままの死亡なりき――。
 4.jpg
冬の日本海 今日は佐渡は見えない
 
 蓑笠を着け放浪者として生涯を閉じた二人。作者は、良寛はその生涯において禅を実践した高僧として、今日も仰がれる。水呑弥三郎のことについていまは語る人は少ない。と結んでいる。
 
 景観文学紀行としては、水上が種本にした『越佐草民宝鑑』の所在を確認するため「水上勉全集」(第十三巻 中央公論社)のあとがきを読み直して驚いた。迂闊にも見落としていたのである。
 水呑弥三郎は私(著者)の創作である。「弥三郎を、その一揆の一味に参加させて、佐渡へと流罪とし…」とある。そして、「事実」らしいものを資料にあたりながら、架空の人物をそこにまぶしこむ楽しさである。この試みは、のちの『一休』に至って、殆どその方法を私に固定させたが、『蓑笠の人』にある『越佐草民宝鑑』も『一休』にある『一休和尚行実譜』も……。と。
 霊峰米山を眼前に、田畑に囲まれて静まりかえる角取の集落を前にして佇むと、じつは柿崎米騒動を巧みに滑り込ませた作者自身の(虚構)とは、とても信じ難い。
 6.jpg
雪をいただく米山
5.jpg
冬の日差しを浴びる角取集落
スポンサーサイト
2011-03-06(Sun)
 
プロフィール

文学紀行舎

Author:文学紀行舎
文学作品に登場する場面の景観……。
どんなまちなのか、どんな景色なのか、どんな家なのか、などなど……。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。